債務整理

借金があること、生活が苦しいことなど、なかなか他人には相談しにくい事かと思います。また、破産手続きなどはイメージが先行して間違った知識を持っている方が少なくありません。 ご依頼人様の今後の生活が再建できるよう、お手続きをさせて頂きます。 ご相談者様の秘密は厳守いたします。

債務整理を司法書士に依頼するメリット

債務整理を司法書士に依頼すると、司法書士は各債権者に「受任通知」というものを送ります。 この通知を送ると、貸金業者から、直接債務者の方への連絡や取立てを行うことは法律で禁止されています。 また、裁判所から通知が来てしまった場合、そのまま放置しておくと、債権者の申立てのとおりの判決が下され、差押などの強制執行の手続きを行うことが可能になります。 1人で悩むのではなく、まずはご相談ください。

過払金返還請求

利息制限法の上限を超える金利で借り入れをした場合に、払い過ぎた利息分を返金してもらう請求です。

長期にわたって借り入れをされている方や、既に完済されている方は請求できる可能性が高くなります。 ただし、請求する権利は最後に支払いを行ってから10年を経過すると時効により消滅してしまうのでご注意ください。

任意整理

今ある借金の返済方法を債権者と話し合い、合意した方法で返済を行っていく方法です。

金額やお借入期間によって異なりますが、将来発生する利息をカットし、原則3年、長くても5年の期間で分割払いの話し合いを行います。 裁判所などの機関を通さないため、官報などに掲載されることなく、車やマイホームを手放す必要もありませんが、借金の総額が減るわけではありません。 給与などの定期的な収入がある方などにお勧めの方法です。

自己破産

借金が多額になってしまい、とても払える状態ではなくなってしまった場合に、裁判所に申立てを行い、許可を得ることで、残った借金をゼロにする手続です。

破産手続きを終えた後に取得した財産については、本人が自由に使うことができます。 ただし、財産を隠していたり、ギャンブルや浪費などで作ってしまった借金についてはゼロにすることができない場合もあります。 「破産」というと良くないイメージを持たれる方が多いと思われますが、借金を無くし、再スタートを切ることができる制度です。

民事再生

定期的な収入がある方が、裁判所に申立てを行い、借金の総額を圧縮して分割払いを行っていく制度です。

自己破産と違い、マイホームを持っている方でも、自宅を手放すことなく手続きができる場合もあり、職業制限もありません。(自己破産の場合、会社役員や警備員など一定の職業に就けない期間があります)

お問い合わせ

お困りごとがあれば私たちにご相談ください

初回相談無料

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

092-741-3149

(平日 9:00〜18:00)

リーフレットを見る